BLOG

パワードワーカー導入

人件費とパワードワーカーの経費

コスパ最高?人件費とパワードワーカーの経費

パワードワーカーを導入する場合の経費を考えてみたいと思います。パワードワーカーは人力では不可能な運搬を可能にするだけではなく、たくさんのアイデアが組み込まれております。その反面それなりの価格帯と感じる方もおられると思います。しかし考え方次第では、とてもコスパの良いアイテムとも言えるのではないでしょうか。例えばパワードワーカー「PW400S」1台あたりで約10万円の費用とします。作業員さんを雇用する場合は約2万円以上の人件費が発生すると思います。そうなると、パワードワーカー一台当たりで考えると約5人分の人件費ということになります。パワードワーカーは燃料費や保険代・維持費はもちろん不要で経費で落とせます。そして、一度の運搬で約150kgと人力の5倍の重量物運搬が可能になります。人手が足らない時にもパワードワーカーがあれば、その人手不足を補える可能性は大きいのではないでしょうか。このパワードワーカーの経費を安いと見るか高いと見るかは経営者様の判断次第なのです。

導入する場合の必要数を考える

一昔前の話ですが、インパクトドライバーの発売当初、数台の導入でしたがインパクトドライバーがナットを締める速さと人間がナットを締める速さでは「雲泥の差」があり、今では作業員さん一人につき一台のインパクトドライバーが支給されているのではないでしょうか。パワードワーカーも人が運ぶ何倍もの重量物が運べるため一人一台あれば、現場での材料運搬もあっという間に片付いてしまう可能性も考えられます。また、大きな現場となるとパワードワーカーがあればあっただけ業効率が向上するのではないでしょうか。少なくても保有しているトラック一台につきパワードワーカーが一台は必要ではないかと考えます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。