BLOG

導入のメリット

人力運搬率の割合を考える

パワードワーカーを導入することで改善されることはあるのかをまずは考えてみましょう。足場施工の現場が決まり、まずは自社の作業場で重機や人力を使いトラックに足場施工に必要な分の足場材を積み込みます。そして現場のある現地へと向かいます。現場につくと同時に人力運搬によって足場材が配られます。そして足場の組み立てが始まり、組み立てチームと人力運搬チームに分かれて足場施工は流れていくと思います。「ここまでを考えてみますとどうでしょう。」人力運搬の割合は6割または7割を占めるのではないでしょうか。足場の解体となるとどうでしょうか。今度は、足場の組み立てよりも人力運搬率が増えてきます。このように細かく現場での施工を追及することで人力運搬率の割合が明確になるのではないでしょうか。

導入するメリットを考える

人力運搬率が6割・7割を占める中、パワードワーカーを導入すれば「積載量からの単純計算」ですが、5人で運んでいた作業も1人でまかなえることになります。もちろんパワードワーカーで運ぶといっても本体を押すだけですので、作業員さんの労力も軽減され怪我の防止にもにつながります。作業員さんの怪我の防止・作業効率を考えるとしたらどうでしょうか。今後、パワードワーカーを導入する企業、導入しない企業の業績に、大きな差が出てくるのではないでしょうか。
※現場状況により運搬の割合は異なります。

人件費とパワードワーカーの経費

パワードワーカー

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。