パワードワーカーとは

パワードワーカーとは

人力運搬からパワードワーカーへ

パワードワーカーが変えられるかもしれない現場の現実

パワードワーカーは、作業現場などで毎日繰り返されている細部に至る作業とも言える人力運搬を補うことを目的に開発された組立式運搬カート(台車)です。パワードワーカー本体は、一側足場材(クサビ緊結式足場材)の規格ピッチで構成されており、一側足場材を使用して本体をカスタマイズすることが可能です。そして作業現場の条件の悪さを考慮したくさんのアイデアを組み込みました。例えば、①現場の地面状況による安定性を考え2輪に設定 ②狭い個所でも入り込めるように本体幅は450mm ③最大積載量は約150kg ④現場状況に応じてカスタマイズが自在 ⑤本体同士をジョイント部分でドッキングで最大積載量アップ など、現場の厳しい状況が少しでも改善されるように考案いたしました。

作業現場でもパワー系の足場作業を想定し開発いたしましたが、そのおかげでいろんなカテゴリーでパワードワーカーが活躍できる環境が想定されます。建設作業全般は当たり前のこと、運送業・市場・製造業・店舗販売業(スーパー・百貨店・ホームセンターなど)・個人向けのガレージなどあらゆる場面で、簡単に人力運搬を補えることが考えられます。

パワードワーカーの誕生で、身体への負担が軽減され作業効率が向上することを願っております。

  1. この記事へのコメントはありません。